当院の特徴

 

初診の患者さまの問診には十分に時間をかけ、状況に応じて体組成計測、ヘッドアップ・ティルト試験(全身の血流測定)、レントゲン検査や血液検査などを行ったうえで、症状の陰に隠れた病気(起立性低血圧、低血糖、橋本病など)を探り当て、そこから治療するようにします。必ず、何かの病気が隠れています。それは一人、一人異なります。一人一人に合った治療方針をテーラーメイドに作成し、全人的医療を行っていきます。

 

痛みを訴える患者さんの多くに、低血圧や起立性低血圧が隠れています(82%)

低血圧はアトピー性皮膚炎や、アレルギー性鼻炎などのアレルギー性疾患、過敏性腸症候群や慢性疼痛、線維筋痛症、冷え症(しもやけや四肢末梢の疼痛、しびれなど)、低体温、不妊症、不育症、関節リウマチなどの膠原病や難治性疾患の末期、脳梗塞など、さまさまな病気と関係しています。

 

また、最近は低血糖(反応性低血糖・機能性低血糖)の患者さんが増加しています。

橋本病のような甲状腺疾患の方も少なくありません。

これらの病気は、一般的な検査ではなかなか見つかりません。いわゆる『見えない病気』と言えます。「見えない病気」とは、医師も患者さんもよく理解していない病気のことを言います。見えない病気の多くが、機能性身体症候群(FSS)です。私たちは、こうした疾患を診断するために、今日まで、様々な方法論を開発し、『見えない病気』を『見える病気』にする努力をしてきました。

 

患者さんが正しくご自分の身体ついて認識し、治療者と協力して自ら治療してゆけるよう、私たちは努力します。

 

  


スタッフ

医療スタッフ(非常勤含む)

         医師  1名

      看護師 2名

      鍼灸師 2名

      心理士 3名

         事務員 3名

外国語スタッフ

         英語 3名 


受付時間:平日 10:00~17:00

電話番号:03ー5577ー2070