院長・スタッフ挨拶

 

この度、千代田区神田美土代町に千代田国際クリニック(内科、循環器内科、内分泌内科、代謝内科、精神科)を開院いたしました。

 

ストレス病、痛みや疲労に苦しむ患者さんのお役に立ちたいという気持ちと、多くの師匠から学んだ全人的医療学をさらに発展させ、患者さんに還元し(実践し)、後進に伝えたい(教育)と思う気持ちからの開院です。

 

患者さんが病気を乗り越え、セルフコントロールし、その結果、自己実現を果たし、豊かな人生を創るために、私たちスタッフは、努力したいと思います。

当クリニックを全人的医療学の実践、研究、教育のフロント・ラインにしたいと考えています。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

  

院長 永田 勝太郎

 

1948年千葉県生まれ。医師・医学博士

公益財団法人 国際全人医療研究所 代表理事

WHO(世界保健機関)心身医学・精神薬理学 教授

リヒテンシュタイン国際学術大学院大学

ビクトール・フランクル講座 名誉教授

 

 

 


【経歴】

慶應義塾大学経済学部中退後、福島県立医科大学卒業。千葉大学内科、東邦大学麻酔科助手、浜松医科大学付属病院心療内科長、日本薬科大学統合医療教育センター教授・センター長を経て、現職。

 

【役職】

日本実存療法学会 理事長、日本疼痛心身医学会 理事長、国際全人的医療学会 理事長、日本心身医学会 専門医、日本心療内科学会 専門医、麻酔科 標榜医、日本東洋医学会 専門医、日本内科学会 認定内科医、日本プライマリ・ケア学会 指導医、日本温泉気候物理医学会 温泉療法医、Asian Congress of Psychosomatic Medicine 監事、Comprehensive Medicine 編集長、国際実存分析学会連合(ウイーン ビクトール・フランクル研究所)名誉会員 ほか。 

 

【専門分野】 

全人的医療学、慢性疼痛学、血行動態学、東洋医学、実存分析学、酸化バランス防御系など

 

【受賞】

「ヒポクラテス賞」(International Medical Olympiad)

「アルバート・シュバイツアー・グランド・ゴールドメダル」(Albert Schweitzer World  Academy of Medicine)

「ビクトール・フランクル大賞」(Viktor Frankl Institute, City of Vienna)など

 

【主な著書】

本当は怖い「低血圧」(秀和システム)、心身症の診断と治療(診断と治療社)、痛み治療の人間学(朝日新聞出版)、痛みの力(海竜社)、新しい医療とは何か(NHKブックス)、<死にざま>の医学(NHKブックス)、実存カウンセリング(駿河台出版)、見えない病気低血圧(佐久書房)、コエンザイムQ10の魅力(佐久書房)、臨床のためのカウンセリング心理学(佐久書房)、漢方薬の手引き(小学館)、医学医療総論(小学館)、Comprehensive Medicine-biopsychosocial medicine, Oriental and Occidental overview, International Foundation of Biosocial Development and Human Health (New York) など。

 

 

医師 野垣 健

 

月・金の午後は、野垣医師による診察になります。


昭和38年3月兵庫県西宮市生まれ(卯年)、AB型。

東京都内鈴蘭幼稚園入園。大阪府堺市立大泉小学校入学。大阪府堺市立金岡中学入学。鹿児島ラサール学園高校入学。東京大学理科I類入学・卒業。同大学院工学修士課程修了。

 

 住友電気工業(株)入職し、バイオメディカル部門にてエンジニアとして動脈内レーザー手術装置の研究開発に関わり、虚血性心疾患の治療に取り組みました。その一方で、当時、同居していた伯父が肺癌で亡くなり、伯母がパーキンソン病を患い、父親が肝臓を傷め、母親が胃癌と診断されるなど、家族全員が病に見舞われました。その最中、精神科医の藤縄昭先生に出会って、病の治療ためには、患者の心の痛みを知ることが必要であると学びました。

 自ら医師を志して大阪市立大学医学部に入学。卒業後、平成23年3月11日東日本大震災が起こった際に、ボランティアとして被災地に向い、瓦礫処理や仮設住宅に住む被災者への炊き出しに参加しました。復興への歩みがメディアで賞賛される一方で、分断された地域社会の中で発生している引きこもり、生活不活発病(廃用症候群)、孤独死などの深刻な状況にも目を瞠りました。また、こうした孤立の背景として浮かび上がってきたアルコール等の依存症の問題も目の当たりにしました。

人は人との関わりの中で生きています。顔を見て、挨拶をして、苦しい時は苦しい、嬉しい時は嬉しいと言える労り合える仲間がいるかどうかが、生きていこうとする力になり、苦しい事を乗り越えていけます。そのなかで、患者が生きる意味を見出し健全なパーソナリティを奮い立たせていくという重要な治癒プロセスが始まることを体験しました。

 その後、兵庫県赤穂中央病院初期研修にてプライマリケアを学び、千葉県下総精神医療センター精神科後期研修にて精神医学の基礎を学びました。赤穂中央病院副院長矢部先生からご紹介いただいた国際全人医療研究所では、研究生として永田勝太郎先生の薫陶を受け、不定愁訴として片付けられている痛みや疲労の患者さんの身体に深刻な機能的病態の隠れていることを知りました。この経験を通じて、小職は改めて患者さんの身体と心の両面を診ることの重要性を痛感しました。痛みを汲み、患者が生きる意味を見出すことに寄り添い援助出来るような医師になりたいと願い、浅学非才を顧みず、千代田国際クリニックのスタッフに加えて頂きました。

 

 日本精神神経学会会員、日本医師会認定産業医、アルコール依存症臨床医等研修・医師(基礎)コース修了、日本実存療法学会会員、日本疼痛心身医学会会員、条件反射制御法学会会員。

雑誌等の掲載情報

代々木ゼミナールの医系小論文の講座テキストに、永田医師の著書『新しい医療とは何か』が使用されました。(2020年)

 

いいお医者さんネット 永田勝太郎先生のウェブサイト

いいお医者さんネットで、総合医療のドクターとして紹介されています。

 

「ストレスと温泉」

2019年機関誌『温泉』冬号に掲載されました。

 

「低血圧Q&A」

2018年 8月1日発行『すこやかファミリー』第7482号に掲載されました。

 

「市井の名医⑰ 永田勝太郎」

2018年4月『医と食』第10巻 第2号に掲載されました。

診療時間:平日10:00~17:00

電話番号:03ー5577ー2070