院長挨拶

 

  この度、千代田区神田美土代町に千代田国際クリニック(内科、循環器内科、内分泌内科、代謝内科、精神科)を開院いたしました。ストレス病、痛みや疲労に苦しむ患者さんのお役に立ちたいという気持ちと、多くの師匠から学んだ全人的医療学をさらに発展させ、患者さんに還元し(実践し)、後進に伝えたい(教育)と思う気持ちからの開院です。

  患者さんが病気を乗り越え、セルフコントロールし、その結果、自己実現を果たし、豊かな人生を創るために、私たちスタッフは、努力したいと思います。

 当クリニックを全人的医療学の実践、研究、教育のフロント・ラインにしたいと考えています。

 どうぞよろしくお願い申し上げます。

  

院長 永田 勝太郎

 

1948年千葉県生まれ。医師・医学博士

 

公益財団法人 国際全人医療研究所 代表理事

 

WHO(世界保健機関)心身医学・精神薬理学 教授

 

リヒテンシュタイン国際学術大学院大学

ビクトール・フランクル講座 名誉教授

 

 

 


【履歴】

 

 慶應義塾大学経済学部中退後、福島県立医科大学卒業。千葉大学内科、東邦大学麻酔科助手、浜松医科大学付属病院心療内科長、日本薬科大学統合医療教育センター教授・センター長を経て、現職。

 

 役職:日本実存療法学会 理事長、日本疼痛心身医学会 理事長、国際全人的医療学会 理事長、日本心身医学会 専門医、日本心療内科学会 専門医、麻酔科 標榜医、日本東洋医学会 専門医、日本内科学会 認定内科医、日本プライマリ・ケア学会 指導医、日本温泉気候物理医学会 温泉療法医、Asian Congress of Psychosomatic Medicine 監事、Comprehensive Medicine 編集長、国際実存分析学会連合(ウイーン ビクトール・フランクル研究所)名誉会員 ほか。

 

 

【専門分野】

 

全人的医療学、慢性疼痛学、血行動態学、東洋医学、実存分析学、酸化バランス防御系など

 

 

【受賞】

 

「ヒポクラテス賞」(International Medical Olympiad)

 

「アルバート・シュバイツアー・グランド・ゴールドメダル」(Albert Schweitzer World  

  Academy of Medicine)

 

「ビクトール・フランクル大賞」(Viktor Frankl Institute, City of Vienna)など

 

 

【主な著書】

 

本当は怖い「低血圧」(秀和システム)、心身症の診断と治療(診断と治療社)、痛み治療の人間学(朝日新聞出版)、痛みの力(海竜社)、新しい医療とは何か(NHKブックス)、<死にざま>の医学(NHKブックス)、実存カウンセリング(駿河台出版)、見えない病気低血圧(佐久書房)、コエンザイムQ10の魅力(佐久書房)、臨床のためのカウンセリング心理学(佐久書房)、漢方薬の手引き(小学館)、医学医療総論(小学館)、Comprehensive Medicine-biopsychosocial medicine, Oriental and Occidental overview, International Foundation of Biosocial Development and Human Health (New York) など。

 

 

2018年 8月 1日発行

「すこやかファミリー」第7482号 掲載

2018年4月

「医と食」第10巻 第2号 掲載されました。

         診療時間: 平日10:00 ~ 17:00

     電話番号: 03ー5577ー2070