当クリニックでは、様々な痛みや症状を抱える方々が、長年にわたって悩んだり苦しんだりした経験や、痛みをどうやって克服してきたか、あるいは今後どうやって痛みと付きあっていくかなどを共有し、互いに学び合う患者会,「清流の会」を定期的に開催しています。

 また、ピアカウンセリングで自分自身のことを振り返ったり、健康太極拳ではゆっくり体を動かすことで血流をよくし、身体の調子を整える会を催しています。

 患者会を通して、ご自分の身体の状態をよく知り,改善に努めて頂けるよう、皆様のご参加をお待ちしています。

清流の会


◆◆◆ あなたも目指そう「痛みマイスター」 ◆◆◆ 

セルフコントロールを学ぶ会

  第2・第4水曜日 (月2回 開催)

  

       9月 12日(水)   9月 26日(水)

  10月 10日(水)    10月 24日(水)

 

    時間:      14:00〜16:00 (2時間)

         (13:45~ 受付)

    会場: 千代田国際クリニック

   所在地: 東京都千代田区美土代町11−8 

             SK美土代町ビル6F


【ピアカウンセリング】

  第2水曜日  〇    9月 12日(水) 

          10月 10日(水) 

                                   〇  15:15~16:00 (45分)  

              〇  心理士:   橋本先生 志和先生


【健康太極拳】

  第4水曜日  〇    9月 26日(水)

                                             10月 24日(水) 

                                   〇  15:15~16:00 (45分)         

 

           〇  講師の先生:  日本武術太極拳連盟 太極拳3段 A級指導員 審判員

                      日本太極拳法一楽庵 一楽庵最上級授与

                                                            山内 金男 先生

      

     太極拳は気血の流れを良くし、血圧コントロールやリハビリ効果があります。

     軽い体操から始めますので、初心者の方も安心してご参加いただけます。

     また、講師の先生ご自身がとてもレジリエンス に満ちた方です。

     ※レジリエンス(resilience)は、「困難な状況にもかかわらず、しなやかに適応して生き延びる力」などの意味です。

 

 〇 対象者: 線維筋痛症など 痛みのある方 そのご家族など ご興味のある方

 〇 持ち物: 保険証 筆記用具 第4水曜日は動きやすい服装

 〇 プログラム: 呼吸法 痛みについての勉強会など

      

                 ※勉強会に10回参加し、簡単な試験を受けると「痛みマイスター」として

          当院が認定いたします。(認定証あり)

 

 〇「痛みマイスター」として認定された方

    (1)患者会でご自身の取り組みなどをお話しして頂きます。(ご希望の方)

    (2)患者会で、後輩の患者さんの相談に乗って頂きます。

      (ボランティア・カウンセラー)

    (3)身体によいもの・おいしい甘味などをプレゼント 

 

 〇 お申込方法

         千代田国際クリニック       受付 または 電話番号:03-5577-2070

                                 FAX:03-5577-2071

第31回日本疼痛心身医学会 

       【市民公開講座のお知らせ】

  

       日時  2018年11月17日(土) 15:30~16:50

 場所  日本教育会館 第3会議室(東京都千代田区一ツ橋2-6-2

           地下鉄都営新宿線・半蔵門線・三田線 神保町駅より徒歩3

                            地下鉄東西線 竹橋駅より徒歩5分,九段下駅より徒歩7

                            JR総武線 水道橋駅より徒歩15    

 

 大会長  永田勝太郎(公財)国際全人医療研究所 代表理事

           参加費  無料

 

       「生活習慣病としての線維筋痛症改善の例」 

      【講演者】    橋本 裕子(はしもと ひろこ) 

            NPO法人線維筋痛症友の会 理事長/千代田国際クリニック 心理カウンセラー

   人は様々な環境の変化に対応するために、重層的なシステムを備えている。システムがアンバランスや        

   危機を察知したときにアラートとして体調不良や痛みが発せられる。

      生きている状況(身体、心理、社会、実存)の負荷が線維筋痛症などの慢性疼痛、心身の不調となると

      考え、それを改善することを目標にチーム医療が必要だと思う。

         * 体調全体を良くすることが優先⇒内科治療

         * 生活習慣、運動不足、痩せ、栄養の偏りの改善⇒生活指導、食事指導

         * 無理の無い体の動かし方を知る⇒リハビリテーション

         * 頑張りすぎる癖⇒自分の力で気付く

         * 心理的ストレスを軽減、心の習慣と行動の変容⇒カウンセリング

     

               生活習慣全体と考え方の癖を改善する必要があり、実際に改善した患者の具体例を紹介します。

   

        【キーワード】 線維筋痛症、慢性疼痛、生活習慣、考え方の癖、行動変容

 

 

  【第31回日本疼痛心身医学会】 プログラム(予定)   10:00~        ※有料になります。

                  

         基調講演    慢性疼痛の温熱療法と食事療法

                     永田 勝太郎 (公財)国際全人医療研究所代表理事/千代田国際クリニック院長

 

         特別講演①  糖化の果てに: 閉塞性動脈硬化症(ASO)に対する治療

                      笹島 唯博 社会福祉法人仁生社江戸川病院血管病センター 血管センター長

                                                旭川医科大学名誉教授

 

           特別講演②  和温療法と痛み(仮題) 

                        鄭 忠和 和温療法研究所所長

             【みんなで考える痛みのジグソーパズル】

        診療時間: 平日 10:00 ~ 17:00

                              電話番号: 03ー5577ー2070